ブログ

嫌われない成功者になる方法

岡田です。
 
どこにでもいるよね。
何の話を振っても、結局は、自分の話をしだす人。
 
 
誰かが
 
「このまえ、ここに行ったんだー」
みたいな話すると
 
「おれも昔良く行ったなー」とか
「そこより、ココの方がなんたらかんたら」
とマウントしてくるタイプや、
 
 
ふっつーに、みんなで会話を回してるのに
気づいたら、発言量が増えちゃうタイプ。
 
 
そのほとんどが、本人は無意識でかつ自慢話だから
聞いてる側は、非常に面倒くさい。
 
 
あるいは、こういう人もいる。
こっちは特に興味はないのだけど、
会話のテンポを作るために、
ちょっと褒めただけで、真に受けて、ペラペラ、ペラペラ。
 
 
会話だけじゃなくても、SNSでも
そう言う人は意外と多い。
 
 
なぜ、そういうタイプは嫌われるのか?
当人たちは、嫉妬だと思ってるんだけど
本当は違うんだ。
 
 
 
答えは簡単。
 
 
 
 
 
たまに応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
 
 
 
 
 
子供と一緒だから。
 
 
 
6~8歳くらいの子供達と混じって
一緒に公園遊びしてみれば一発でわかる。
 
 
みーんな、
「今のオレすごかった」
「ねー、今みた?僕ね、僕ね」
「おれの方がこうだった、ああだった」
 
 
こんな感じで、他の子のことなんて興味無し
とにかく、自分の存在を認めてもらうために
自分の話しかしない。
 
 
子供の成長にとって、それは素晴らしいことなんだけど
大人になったら、痛い。
 
 
痛いというか、薄っぺらくうつるんだ。
 
 
 
 
 
「子供の頃に、認められなかったから
大人になって、それを埋めようと必死な人」
 
として、映るんだ。
つまり、総合的な経験値は浅い人。となる。
その自慢話が、どんなに、凄くても。
 
 
 
大人になったら、いかに、人の話を引き出すか。
引き出せているか?を常に意識した方がいい。
 
結果、余裕のある人に映るので
相手は「もっと知りたい」となる。
 
 
 
 
特に、いわゆる成功者の人たち、
自分が思っている通りには、人の心理は動かないので
気をつけよう。
 
 
どうせなら、本物の人気者になろう。
 
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
岡田尚也
 
 
 
 
 
【岡田尚也7日間無料音声セミナー】
この無料のセミナーでは
「足首、膝、股関節を使った、正しい立ち方」
を身に着けることと、同じ様に、

「会話の基本能力」
を飛躍的に向上できる。
→ 岡田尚也7日間無料音声セミナー

 

【岡田尚也LINEへの登録はコチラです】

スマホからはコチラをクリック
今パソコンでメルマガを見ている場合はスマホでLINEを開いて
「@tavokada」をID検索(@をお忘れなく)でLINEに登録できます。

 
たまに応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
 
anine


★ 岡田尚也の恋愛大学のフェイスブックはコチラ↓
⇒ 岡田尚也の恋愛大学フェイスブック 友達&フォロー大歓迎です!)

rr

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 岡田です。
  2. 岡田です。
  3. 岡田です。今日は、どうやっても女性に声を掛けられない人への効果的な答え。
  4. 岡田です  ■TAVライブラリー新企画「岡田に命令しよう」→...
  5. ■参加者からの相談メール 岡田さん、●●です。
  6. 岡田です。 ■相談者からの相談メール はじめまして。
  7. 岡田です。 物事の受け止め方から、『モテる男のそれ」に変えて行こう。
  8. 岡田です。 どこにでもいるよね。何の話を振っても、結局は、自分の話をしだす人。
  9. 岡田です。
  10. 岡田です。 今日は、あなたにお願いがあります。
ページ上部へ戻る