ブログ

女性の生々しさを、軽視するな。

岡田です。
 
 
◆参加者からの相談メール
 
初めまして。
いつも岡田さんの音声を学ばせていただいております。
 
今回メールいたしましたのは不甲斐ない自分を卒業し
大きく成長するためのアドバイスをいただきたいからです。
 
私は岡田さんが推奨されているアプローチを使っています。
主にドロップとロストアプローチです。
 
どちらのアプローチでもこちらから声を掛けたそのときは女性が笑ってくれたり
決して悪い反応はほとんどないのですがどうしても、そこから連れ出せません。
まったくの0ではないのですが確率が低いのです。
 
原因は、折角笑ってくれた女性の反応を生かせていないからです。
女性からでこちらの予想外の言葉が返ってきたときや、
ちょっと迷いが生じた瞬間をきっかけに言葉がつまり
そのまま女性のテンションがみるみる下がって失敗するパターンがほとんどです。
 
あとから「こう言えばよかった」「こうすべきだった」と正解はわかるのですが、
それを実際の声かけのまさにそのときにできません。
どうすればスラスラと言葉がでてくるようになるのでしょうか?
これはもうもっと馴れるしかないのでしょうか?
 
お時間かかっても構いませんのでなにかアドバイスを頂けたら幸いです
 
○○
 
 
たまに応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
 
 
□岡田の答え
 
アプローチにおいて、スラスラと言葉がでてくるようになるには
もちろん、ある程度の「馴れ」は必要だ。
だがそれよりも、もっと重要なことがある。
 
それは、あなたの頭の中にイメージしている、
「アプローチを成功させるための言葉」が
ちゃんと「会話」として、蓄積されているかどうかだ。
 
 
恐ろしいほど当たり前のことだが、
会話とは、相手あってのモノだ
ナンパなんてまさにその最高峰。
 
声をかけられた女の生々しいリアクション、
醸し出す雰囲気、ちょっとした間、声の震え、
そういった相手の温度を感じながら行うものだ。
 
 
だから、あなたが、アプローチ会話で使う言葉を
単なる、あなた発信の言葉、セリフとしてイメージしていとしたら
現場では役に立たない。永遠に、役に立たない。
 
 
そうではない。
 
女性の反応あっての会話なのだ。
だから、そこからイメージして学ばなければいけない。
 
 
 
「こういうときは、こう言いましょう。」
「こういうセリフが正解です。」
コミュニケーションが、そんな風にマスターできるものだったら、
教えるのも、学ぶのも楽だ、だったらいいなーと心から思う
 
 
だが、残念ながら、それは絶対にない。
 
本当に現場レベルで使える会話スキルを身につけるには、
女性の反応含めて、イメージして行かなければいけないのだ。
 
 
私が、ずーーーっと、実録音声を公開し続けているのは
それが、一番、大きな理由だ。
 
 
これは、とんでもなく大事な事なので、
絶対に覚えて欲しい。
 
 
コミュニケーションは、自分発信のセリフだけ覚えても
絶対に、マスターできない。
 
女性のリアルな言葉、間、雰囲気とともに、イメージを蓄積しよう。
そうすれば、実戦で本当に戦えるスキルが、あなたのモノになる。
 
 
ありがとうございました。
 
岡田尚也
 
 
【岡田尚也7日間無料音声セミナー】
この無料のセミナーでは
「足首、膝、股関節を使った、正しい立ち方」
を身に着けることと、同じ様に、

「会話の基本能力」
を飛躍的に向上できる。
→ 岡田尚也7日間無料音声セミナー

 

【岡田尚也LINEへの登録はコチラです】

スマホからはコチラをクリック
今パソコンでメルマガを見ている場合はスマホでLINEを開いて
「@tavokada」をID検索(@をお忘れなく)でLINEに登録できます。

 
たまに応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
 
anine


★ 岡田尚也の恋愛大学のフェイスブックはコチラ↓
⇒ 岡田尚也の恋愛大学フェイスブック 友達&フォロー大歓迎です!)

rr

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 岡田です。
  2. 岡田です。 虐められっ子ほど、ナンパ力が伸びる理由について。
  3. 岡田です。
  4. 岡田です。
  5. 岡田です。 今日は、どんなに美人が相手でも、ビビらない方法について。
  6. 岡田です。
  7. 岡田です。
  8. 岡田です。
  9. 岡田です。なぜ、ただのいい人では、モテないのか?それは、「心が丸見え」だから。
  10. 岡田です。 非常に素晴らしいメールを頂いたのでシェアします。
ページ上部へ戻る