【久々に、ドキッとしました】

岡田です。

最近、夢が一つ、叶った。

それは、以前、このメルマガでも書いことのある、

「生徒さんから、結婚披露宴に招待される」

という夢だ。

 
それも、友人兼、生徒とか、元々の知り合い繋がりから、
ナンパを教えているといった関係性の全くない、
純粋に、TAVを学んで、私と出会った生徒さんからの招待。

これまでも

「おかげさまで結婚出来ました」

とか

「最高のパートナーを手に入れました」

といったお言葉は、何度も頂いてきたが
実際に「披露宴に来てください」と
ご招待頂いたことは、無かった。

 

正直、これは難しい夢だと思っていた。

なぜなら、

「オレって、うさん臭いじゃん?笑」

どんなに、人生が変わったとか
感謝していてくれたとしても、

その人にも、守るべきコミュニティ
世間体、立場があるわけで、

奥さまや、ご両親に
「この人と出会って、コミュニケーションを学んで
(ナンパメインだけど)君と出会いました」

とは、よう言わんと思うんだ。

 
元々、インターネットで情報を公開している人ってのは
世間一般的には「ムムム」なイメージなわけで、
特にオレは教えている内容が内容なので
「ムムム」どころか、「ムッヒャー」な事態になるはずだ。

 
たまに応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

 

にも関わらず、そんな壁を越えて

「自分の大切なパートナーや両親に
ぜひ、会って欲しい。」

と、思ってもらえたというのは、

人様に、物事を教えている立場として、
多少は、進化できているのかなーと、
実感するが、できた。

 

というわけで
Tさん、本当にありがとう
夢が一つ叶いました。
 

本当におめでとうございます。

岡田尚也
 
追伸:既にTさんにはご連絡したのだが、
熟考した結果、披露宴は欠席する事にした。

出席してお祝いしたい気持は本当に大きいのだが、
披露宴は、私のような者がしゃしゃり出るのではなく、
親族と絆を深め、親友に祝ってもらうべき場だと思うからだ。

何より、主人公は奥様だしね。
 

しかしながら、サポートアドレスを送受信したときに、
「披露宴ご招待」の文字が見えた時はドキっとした。

久々に、ドキっとしたなー。

さんざん酔っぱらって、朝起きたら
末尾110から留守電が入っていた時以来、
ドキッとした。
 
たまに応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
 
anine


★ 岡田尚也の恋愛大学のフェイスブックはコチラ↓
⇒ 岡田尚也の恋愛大学フェイスブック 友達&フォロー大歓迎です!)

rr

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です