ブログ

【メールテクニック磨いても、モテないから】

たまに応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

 
岡田です。

今日は、ずっと黙っていたことを話す。

まぁ黙っていた事に、
大した意図は、特にないのだけど・・・

 

みんな「メールテクニック」とか
「LINEテクニック」とかが、大好きだし、
それなりにメリットもあるから、私もたまに教えているけど、
ぶっちゃけた話をすると、そこまで必要ない。

 

多くの人が、

 
「好みの子に声を掛けて、
 連絡先を交換しました。

 ただメールしている内に、
 相手のテンションが下がっていって、、、」

 
といった相談をしてくるけど、極端な話、
アプローチの印象が良ければ、多少メールがクソでも、
デートは出来る。そんなもんだ。

 

だって、あなた自身そうだろ?

気に入った女性がいたとして
その女性が、多少、メールが変でも
会うだろ。むしろ、会いたいだろ?

 

「オレがナンパした女性と、デートできないのは
 メールが下手だからだ!」

と悩みがちだけど、本当の原因は違う。

単に、アプローチが失敗しているんだ。
 

アプローチにて、魅力を与えられていない
アプローチにて、楽しさを与えられていない
アプローチにて、興味を引き出せていない
アプローチにて、インパクトが足りない

 
メールのせいじゃない。

たしかに、メールや、LINEテクニックを磨く
メリットはある。

 

たとえば、
 

「クロージングしやすい状態で、デートに持ち込める」

「一度切れた子を、引き戻せる」

「キープしたい女性を、メンテナンス出来る」

 
などだ。

 
だが単に、

「連絡先交換した女性を、後日デートに持ち込む」

が目的なら、テクニックはいらない。
そのために、テクニック磨きに、時間を割いても、
大きなメリットは得られないのだ。

 

それよりも、アプローチを磨いた方が1000倍効率的だ。

繰り返すが、アプローチでの、印象が良ければ
多少、メールがクソでも、女は会うからだ。

逆に言えば、デートに応じない=
アプローチが、未熟だ、という事。

更に言えば、アプローチ→メール→デート の流れまでは
高確率で出来るならば、次に磨くべきは、対峙会話。
クロージング率を上げる。
 

そして、対峙会話を磨いて、さらに効率をよくしたいときが、
メール、LINEを磨くベストのタイミングだと言える。

出会い系みたいな、底辺男が底辺女を貪る世界は知らないけど
少なくとも、ストリートで、魅力的な女性に声を掛けて、
あなたのモノにするために、メール、LINEテクは二の次。

 
あなたが、出来るだけ早く成長するために、
まだ必要のないものに、右往左往してはいけない。

出来るだけ、早く、素晴らしい結果が欲しければ、
まず、何よりも、アプローチ力アップに時間を割くこと。
それが、一番大切だ。

アプローチ能力があれば、
ほとんどの欲は埋められる。

 

ありがとうございました。

岡田尚也
 
たまに応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
 
anine


★ 岡田尚也の恋愛大学のフェイスブックはコチラ↓
⇒ 岡田尚也の恋愛大学フェイスブック 友達&フォロー大歓迎です!)

rr

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 岡田です。今日は、どうやっても女性に声を掛けられない人への効果的な答え。
  2. 岡田です  ■TAVライブラリー新企画「岡田に命令しよう」→...
  3. ■参加者からの相談メール 岡田さん、●●です。
  4. 岡田です。 ■相談者からの相談メール はじめまして。
  5. 岡田です。 物事の受け止め方から、『モテる男のそれ」に変えて行こう。
  6. 岡田です。 どこにでもいるよね。何の話を振っても、結局は、自分の話をしだす人。
  7. 岡田です。
  8. 岡田です。 今日は、あなたにお願いがあります。
  9. 岡田です。 こんなメールが届いたので、シェアしたい。
  10. 岡田です。
ページ上部へ戻る