ブログ

モテる男の「ちょうどいい」を、意識しよう

岡田です。

ご存知の通り、私は、女性、男性、双方から
男と女にまつわる、相談、恋話、愚痴を、
聞く機会が、非常に、多い。

 

恐らく、普通の人の、1000倍以上、
男と女の、相談、恋話、愚痴を聞いてると思う。

 
そんな中で、常々思うのは、

「バランス感覚が、あればあるほど、

 モテる世の中だな。」

という事だ。
 

例えば、他愛もない相談だが

「すね毛が濃いのが、コンプレックスです
 剃るべきでしょうか?それとも、男らしく
 そのままにしておくべきでしょうか?」

と、悩む男性がいる。

 
たまに応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

 
 
答えは、放置でもなく、剃るでもなく
トリマーで、少し梳けば、OKなのだけど、

アドバイスを受けるまで、彼の中では、
全て剃ってしまうか、それとも、そのままか、
のどちらしか、ないのだ。

 

しかし、全部剃ってツルツルにしてしまうと、
女性は、剃ってる絵を、想像していまい、
ただ、ただ、キモくなる。

逆に、そのまま放置をすると、
もじゃもじゃ感が強すぎて、これまた、キモくなる。

 

だから

「この人は、元々、この程度の毛量なんだな。
 薄すぎもせず、濃すぎもせず、丁度いい感じ。」

と、感じる程度に、トリマーで梳くのが、正解なのだ。

 

ファッションも、そうだ。
 
「初心者は、黒ベースがいい」と、どこかで学んで
そのまま、全身黒でそろえる人は、
「アイツ、カラスじゃね?」と指をさされてしまうが、

インナーに、少しくすんだグレーを差し込むだけで、
「あの人は、黒を着こなしている」と評価される。

 

「ストールを巻くとお洒落」と、どこかで学んで
年がら年中、巻いている人は
「アイツ、自殺志願者じゃね?」と笑われるが、

普段、巻かない人が、指し色的に、たまに取り入れると、
「今日は、雰囲気違って、いい感じ」と、思われる。

 

スーツスタイルでも、全身、リクルート的に
着こなしていると、面白みがなく、冴えないが、

異素材のシャツや、派手めのチーフで、遊んだり
スリッポンやローファーなどで、合わせると
「あの人は、解ってる」感が出る。

 

今更、NBが売れているのも、
「抜き感による、バランス感覚」が、
求められている典型と、言えよう。

 

仕事上の、身のこなし方も、そうだ。
 

ただ、真面目一辺倒な接し方では、
職場や、取引先で、良好な人間関係を築けないが、

真面目さの中に、少しのユーモアを、挟む事で
部下、上司から、特別扱いされるだけでなく
取引先とも、良い関係を築ける。

 

部下や後輩に、説教をする場合でも、
注意して、怒りっぱなしだと、逆に、反感を生む。

注意して、怒った後に、少しジョークを入れて、
フォローする事で、相手に、じんわりと浸み込む、
良い説教になる。

 

もちろん、女性の接し方においても
バランス感覚は、とても大事だ。

優しいだけの男は、ただのいい人
あるいは、下心丸見えな人に、成り下がるが、

冷たさと、優しさを使い分けられる人は、
ギャップのある、気になる男になる。

 

ただ、強いだけの男は、暑苦しく、
暴力的な男に、映るが、

面白さと、強さを兼ね備えた人は、
男らしいけど、キュートな男、になる。

 

この様に、バランス感覚が、整っておらず、
極端な言動、思考をする人は、
 

「重い人」

「退屈な人」

「ダサい人」

「キモい人」

 
という評価を、下され、
バカにされたり、嫌われる対象になっていく。

女から、嫌われたり、ドン引きされる男の
ほとんどは、コレに該当する。

 

逆に、バランス感覚を、身に着けており、
ちょうどいい、言動、思考が出来る人は
 
「居心地がいい人」

「ギャップがある人」

「興味深い人」

「イケてる人」

 
という評価をされ、
尊敬されたり、惚れられたりする。

 

もし、あなた自身、自分の思い込みや、決めつけで
言動を決定しすぎていると、感じる場合は、

少し、肩の力を抜いて、全ての物事を、
柔軟に受け止めてみよう。

 

物事の受け止め方を、変えれば、
言動、行動が変わる。

思っているよりも、案外、早く、

「モテる男の、ちょうどいい、バランス感覚」

が、身に着くはずだ。

 

ありがとうございました。

岡田尚也
 
たまに応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
 
anine


★ 岡田尚也の恋愛大学のフェイスブックはコチラ↓
⇒ 岡田尚也の恋愛大学フェイスブック 友達&フォロー大歓迎です!)

rr

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 岡田です。
  2. 岡田です。 虐められっ子ほど、ナンパ力が伸びる理由について。
  3. 岡田です。
  4. 岡田です。
  5. 岡田です。 今日は、どんなに美人が相手でも、ビビらない方法について。
  6. 岡田です。
  7. 岡田です。
  8. 岡田です。
  9. 岡田です。なぜ、ただのいい人では、モテないのか?それは、「心が丸見え」だから。
  10. 岡田です。 非常に素晴らしいメールを頂いたのでシェアします。
ページ上部へ戻る