ブログ

【その女、SSSにつき】

「なんか、私恋していないと死んじゃう病なんですが、
 

 なかなか恋愛って難しいものですね。はい」

正直、このメール見た瞬間、
「・・・誰だコイツは?」
となった。

 
それほど、唐突なメール。
そのくせ、妙に重いメール。
携帯の電話帳には、『KEIKO SSS 23』とメモされている。

しばらく、記憶を遡る。
随分前の女だ、確か、去年の秋頃。

携帯のメモ通り、非常に魅力的だった記憶はある。
そして、何となく、こんなメールを送ってきそうな女だった。

 
たまに応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

 

 
例によって、私は、しばらく放置した。
このメールに、どんな意図があるにしろ、
寝かした方が、即レスよりも、はるかにメリットがあるからだ。

この理屈は、簡単だ。
あなた自身の、経験に、置き換えて欲しい。

 
あなたが、意を決して送った、メール。
しばらく返ってこないと、焦る、動揺する、心が乱れる。
何度も、メールチェックをし、落胆する。

その数だけ、相手の価値が、上がる。
だから、こういうケースでは、焦らす。

 
当初、3日焦らすつもりだったが、
2日目に、女から、催促メールが届いた。

「ね、どうすればいい?」

 
ここは、プレイヤーの、器量が問われるところだ。
こちらの行動次第では、ステータスが大きく、上下するからだ。

 
重要なポイントなので、問題形式にしてみよう。

・直近の目標を、彼女との、体だけの関係の構築とする

・対して、彼女との現在の関係が、以下のケースでは、
 それぞれ、どの様な、対応がベストか。

 
1、以前、メール交換をしたけど、不発に終わり
  そのままにしていた女性。

2、過去に関係はあるが、いつのまにか、縁が切れた。
  が、あなたは、また会いたいと思えた。

3、以前、メールをしてデートをしたが、クロージング失敗。
  そのまま、疎遠になっていた。

※会いたくないレベルであれば、無視すればいいので、
 そのケースは、割愛する。

 
目標を達成するために、
あなたなら、どんな選択を、するだろうか?

 
・・・実は、いずれのケースでも、
答えは、全て同じでいい。

「なぜ彼女は、こんなメールを、送ってきたのか?」

 
それを、彼女から、引き出せばいいのだ。
なぜなら、それこそが、

彼女の感情が、最も動きやすい会話
=最も吐き出したがっている会話、になるからだ。

 
「なぜ、こんなメールを送ってきたのか?」

 
・あなたと、会いたがっている。

もちろん、これは、その前フリである。
あなたと会って、話してみたい、聞いてほしい。
そういった感情が、潜んでいる。

 
・色々あったから、その話を、聞いて欲しい。

恐らく、別れたか、揉めてるか、そんな状態だろう。

 
・諸問題に対して、頑張ってる私を褒めて欲しい。

これも、強いだろう。

「こんな事があって、私は頑張ったんだけど、上手くいかないんだー」

⇒「うんうん、でも間違っては、無いと思うよ」的な会話の欲求

 
・そもそも、全部嘘。ただ遊んで、暴れたいだけ。
 
 これも、考えられる「相談があるの」⇒会う⇒「もうそれはいいんだ」
 のパターンだ。

 
これら、考えれる、相手女性の、吐き出したいモノを、
上手に、引き出してあげる事。
これが、あなたの、行うべき唯一の作業だ。

 
「そんな病気あんのか。

 つか、久しぶりくらい、言えよ笑」

あたりで、軽めにキャッチボールをして
徐々に

「元気だった?」

「で、どうした、振られたか?」

と、引き出していく。

 
「あなたが、何を言ったか、が大切ではなく、

 何を、言わせたかが、大切である」

少し前に、このことを、覚えておいてほしいと言った。
この考えは、どんな時でも、重要になると、言った。
当然、この場面でもそうなのだ。

 
「早く、会う日を決めよう」

「どんな、誘い方をしよう」

そんな事なんて、全く、考える必要はない。

 
相手が、吐き出したいものを、引き出す。
あなたは、この事だけに、集中すればいい。
そうすれば、おのずと、相手から、会いたがる。

 
・常に、相手に、興味を持つこと

=自分の欲望を、優先させない、余裕を持つ。
=相手の、本当のニーズを、引き出す

 
・自分で、自分の価値を下げないこと

=無駄に、がっつかない。
=無駄に、誘わない

この相反する要素を、巧みに使いこなす男こそが、
真の、女に、求められる男である。
 

ありがとうございました。

岡田尚也

 
たまに応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
 
anine


★ 岡田尚也の恋愛大学のフェイスブックはコチラ↓
⇒ 岡田尚也の恋愛大学フェイスブック 友達&フォロー大歓迎です!)

rr

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 岡田です。
  2. 岡田です。
  3. 岡田です。
  4. 岡田です。
  5. 岡田です。
  6. 岡田です。
  7. 岡田です。今日は、どうやっても女性に声を掛けられない人への効果的な答え。
  8. 岡田です  ■TAVライブラリー新企画「岡田に命令しよう」→...
  9. ■参加者からの相談メール 岡田さん、●●です。
  10. 岡田です。 ■相談者からの相談メール はじめまして。
ページ上部へ戻る