ブログ

【女性が、ついてくるナンパと、ついてこないナンパの違い】

岡田です。

さて、今夜は「オレってば、押しが弱いんだよなー」
と悩む、全ての男子諸君へ。まずは、シェアメール。

 
◆ 相談者からの質問メール

・お店へのオファー

「今、ストリートを極めようと、
土台から積み上げ直しているような感じです。

 
殆どがドロップ系、たまにフロント系です。

アプローチ連動・スペース共有で、会話も成立するし、
笑いもかなり取れるのですが、
カフェ・居酒屋へのオファーを飲ませられません。

どんなに盛り上がっても、どうしても
『お店へのオファー』で、詰まってしまいます。

 
上手くいく場合と、そうでない場合の違いは、
どういう部分なのでしょうか?

ここだ!というポイントをご指導頂きたいです。」
 

 
たまに応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

 

◇岡田の答え

回答に移る前に、少し、おさらいをしよう。

ナンパ・アプローチにおいて、
あなたが、やるべき事は、実にシンプル
以下、1~4の項目だけだ。

 
1、魅力的な女性に声を掛け、
2、僅か数分で、彼女の懐に入り、
3、幾つかの、会話を盛り上げ
4、一気に、カフェに、連れ出す。

ここまで、出来たら、ほぼ
彼女と、熱い夜を過ごす条件は、揃ったと言える。

 
なぜなら、0から1を生み出す方が
1を100にするより、難しいからだ。

アプローチが出来れば、全てが、出来る。
これは当然だ。

で、この相談者の悩みを解決するためには、
もちろん、4の強化が必要だ。

 
4、一気に、カフェに、連れ出すトーク術の強化。

そして、そのためには、

・理由&フォロー会話の、蓄積
・応酬話法の、レベルアップ
・しつこい感を与えない、粘り方のマスター

この3点を、強化すればよい。

 
しかし、それ以前に、あなたに、絶対に、
押さえておいて欲しい事がある。

あなたが、確実に、女性を連れ出すために、
絶対に、知っておいて欲しい事が、あるのだ。

 
それは、

アプローチから、オファーと進むにつれて
相手のテンションを、上げる事が出来れば、
連れ出す事は、絶対に出来る。

という、事実だ。

 
具体的に言えば、

声かけから、カフェ(居酒屋)へ誘う流れの中で、
女性が、どんどん楽しそうに、なっていけば、
100%、連れ出す事は、出来る。

ということだ。

 
「そんなの、当たり前だろう」

そう思うか?

だけど、我々、プレイヤーは、忘れがちなんだ。
こういう、大切な事を。

 
複雑な理論や、トークテクニック、心理テクニック・・・
あなたも、オレも目的を達成するために、
こういったモノを学ぶんだけど、
学んでいくうちに、本当に大切な事を、
原点ともいえる事を、おろそかに、しがちなんだ。

 
・・・極端な話。

あなたが、粘れば粘るほど、
その女性が、楽しそうになっていけば、
「ナンパの型」なんて、どうでもいいんだよ。
口説き方なんて、どうでもいいんだよ。

もちろん、私を含め、人様に、
恋愛なるものを教えている人間は、
あなたが遠回りしないように、
「一番の正解の型」を伝えるわけだけど、

それ以前に、「なぜ、その型を学ぶのか?」という
本質的な部分を、あなた自身、理解していないと、意味はないんだ。

 
逆に言えば、

物事の本質を理解し、かつ、
本物のテクニックを、手に入れた人間は、強い。

そうなったら、今、あなたの中にある、
女性にまつわる欲求は、ほぼ、満たされるだろう。

 
・物事の本質を理解した上で
・各テクニックを、マスターする。

好きな時に、好きなだけ。
本当に、そんな人生を手に入れるために、
あなたには、そんな男を、目指して欲しい。

 
ありがとうございました。

岡田尚也
 
たまに応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
 
anine


★ 岡田尚也の恋愛大学のフェイスブックはコチラ↓
⇒ 岡田尚也の恋愛大学フェイスブック 友達&フォロー大歓迎です!)

rr

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 岡田です。
  2. 岡田です。 虐められっ子ほど、ナンパ力が伸びる理由について。
  3. 岡田です。
  4. 岡田です。
  5. 岡田です。 今日は、どんなに美人が相手でも、ビビらない方法について。
  6. 岡田です。
  7. 岡田です。
  8. 岡田です。
  9. 岡田です。なぜ、ただのいい人では、モテないのか?それは、「心が丸見え」だから。
  10. 岡田です。 非常に素晴らしいメールを頂いたのでシェアします。
ページ上部へ戻る