「流れで寝ちゃった」を自然に生み出す【ベッドイン誘導トーク】~本物の押しの強い男になる会話方法~

「流れで寝ちゃった」を自然に生み出す
【ベッドイン誘導トーク】

~本物の押しの強い男になる会話方法~

1、誘導される女性心理の理解 知人・友達編
2、誘導される女性心理の理解 ナンパ編
PDF66ページ
MP3音声 46分

3、誘導トーク会話集 知人・友達編
4、誘導トーク会話集 ナンパ編
PDF135ページ
MP3音声 46分(PDF内リンク)
男は好きな女とセッ○スをするために、
なんとか必死にお近づきになり、
相手の好みを察したデートに誘い、
とことん女性に優しく気を使い、
告白するタイミングを伺い・・・

こんな気が遠くなるほどの、
手間と労力をかける。
本当は、誰よりもズボラで、
面倒臭がりのくせに、
好きな女性に振り向いてもらうために
必死で、努力する。

あるいは、それが必要だと信じている。
そんな男性たちをみて、
魅力的な女性たちは、
どんな事を思っているのか?

 

「バッカじゃなかろうか、ルンバ」
・・・いや、そこまで思わなくとも

「めんどくせー男だな。乙女か。
男ならガツンと来いや」

くらいは思っている。
これは事実だ。
ほとんどの魅力的な女性たちが、
セッ○スのために、あの手この手
必死になっている男性を見る度に
「うんざり」しているのだ。

 

女性の感情は、
男が考えているような方法では、
決して変化しない。

「たくさん遊んでいる内に
徐々に好きになってくれるはず・・・」

普通の男たちは、
そう考えるかもしれないが、
実際はその逆。
女性の感情は、一瞬で動き、
一瞬でまた変わる。
そりゃあ確かに

「なんかぁずっと一緒にいる内にぃ
どんどん好きになっていってぇ」

なんてのたまう女もいるが、
それは後付けにすぎない。

 

女性は、その時の一瞬の感情の変化
によって男に抱かれる生き物
なのだ。

そして、このことを理解した男だけが
いつまでも、美味しい思いをし続ける
勝ち組となるのだ。
「全然そんな気無かったのに、
寝ちゃったんだよね」

「気づいてたら、エッチしてた」

「ダメだと思ってたのに、流されちゃった」

魅力的な女性たちが、
あなたに抱かれたあとに、
こんなことを感じる。

本物の、誘導トークを、手に入れよう。